世界の貧困層や飢餓に苦しむ人々の多くが農業生産者って?!

投稿日:2017年2月16日 更新日:

国連が2015年に採択した「持続可能な開発目標(SDGs)」で、30年までにあらゆる形態の貧困、飢餓を根絶することや気候変動の影響へ緊急対策をとることなどを決めていますが、グラジアノ国連食糧農業機関事務局長は13日にドバイで開かれた国際会議の席上でこう述べたと伝えられています。「30年末までに飢餓と貧困を根絶するという国際社会の目標を、気候変動による農業生産者への支援を強めなければ達成できない」と。彼の発言によれば70か国で安定した気象予報サービスが供給できていないらしく世界各地で問題となっている水不足が今後さらに深刻化すると(昨年のアフリカ東部のエルニーニョによる深刻な干ばつはFAOも伝えています。)・・・・、「世界の貧困層や飢餓で苦しむ人々の多くが農業生産者に集中している、特に途上国の小規模農家への支援が必要だ」と!。

-未分類

Copyright© Garden Science 煙樹 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.