光合成しないで生きていく植物も結構あるのです。

投稿日:2017年2月22日 更新日:

植物の多数は光合成をして(葉緑素の働き)生きています。しかしランなどにはカビやキノコの菌糸を根に取り込み消化しながら生育するものがあります。そんなアーバスキュラー菌根性植物の仕組みと葉緑素を失った植物では全く違う仕組みを持っているというのが定説でしたが、このたび、葉緑素を持つものと失ったものの両方が確認されている「ハマカキラン」(写真下)のそれぞれの遺伝子の違いを調べた結果、葉緑素を失ったハマカキランはアーバスキュラー菌根性植物などと共通する遺伝子を発現させていることが確認できたということです。

(神戸大学の研究グループが科学誌「モレキュラー・エコロジー」(1月19日付)に発表)

-未分類

Copyright© Garden Science 煙樹 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.